田中整形外科

  • HOME
  • 当院のご案内
  • 診療の流れ
  • 診療内容
  • 採用情報
  • 慢性疼痛

予約状況ページ予約状況ページ

 
午前
午後
診療時間初診の方は受付締め切りが早くなります。午前は11:45 午後は18:45までに受付をおすませください。
午前 9:00〜12:00
[受付]8:30〜12:00
午後 16:00〜19:00
[受付]15:30〜19:00
午前 診療時間 9:00〜12:00
受付時間 8:30〜12:00
午後 診療時間 16:00〜19:00
受付時間 15:30〜19:00
※初診の方は受付締め切りが早くなります。午前は11:45、午後は18:45までに受付をおすませください。

HOME > よくある質問 > 整形外科に関する質問

関節の水を抜くと癖になる?

Q.関節の水を抜くと癖になる?
A.

「水を抜いたら癖になって何度でも抜かなければならなくなるのでは?」と心配される方は多いですが、間違いです。水が溜まるのは、風邪をひいた時に鼻水がでるのと同じような現象です。関節内の炎症が強いとき反応性に滲出液(関節液)が溜まるのです。鼻をかんで鼻水をだしても癖になることはありませんね。また、鼻水を出しても風邪が治るわけではありません。風邪が治れば鼻水も出なくなるのと同じで、水が溜まっている部分の炎症を治すことが重要で、炎症が治まれば自然に水は溜まらなくなります。
ではどんな時に水を抜くのでしょうか。
1.水がたまり過ぎて、痛みが強く、深く曲げることが困難になった場合
2. 貯まっている液体が水(浸出液)か、血液か、膿(感染症)か、などを見分けるため
3.軟骨保護剤(ヒアルロン酸)などを関節内注射するとき、薬剤の効果を高めるため。

炎症を治すための治療方法は、患者さんによって違います。当院では患者さんにあった適切な治療を行いますのでご相談ください。

Q.痛いときには冷やすべきなのか?温めるべきなのか?( 冷シップ?温シップ?)
A.
原則的には急性期の痛みの場合には冷やし、慢性的な痛みに対しては温める方が良い場合が 多いです。その他、冷・温を交互に施す交代浴という方法もあります。冷シップと温シップ の適応も判らないとおっしゃる患者さんも多く見うけられます。基本的にシップ剤と呼ばれ るものは含有している薬剤成分が皮膚から浸透して効果を出すものです。貼ったときに冷感 ・温感を自覚しますが、実際に患部を保冷材で冷やしたり、カイロやお湯で暖めるほうが効 果的な場合も多いでしょう。不安な場合は遠慮なくお尋ねください。
Q.柔道整復(整骨・接骨・骨つぎ)、整体・カイロプラクティックと整形外科の違いは?
A.

整形外科は医師が行う医療行為です。医療行為は医師以外が行うことは法律で禁止されてい ます。柔道整復師(整骨・接骨・ほねつぎ)は打撲・捻挫・脱臼・骨折の外傷に対して、レ ントゲン診断や外科的手段や薬品の投与等の方法は行ってはならず、応急的もしくは医療補 助的行為を行います。しかし応急処置が済んだら整形外科へ送り、診察した医師が、その後 の経過を柔整師がみてもよいという同意を与えた場合のみ、取り扱うことができます。膝や 腰の変形症などの慢性疾患は適応外です。 整体・カイロなどは法に基づかない医業類似行為 です。当然骨盤がずれているとか、ゆがんでいるなどと、診断することは禁じられています。

<< 日本臨床整形外科学会 資料>> 
<< 厚生労働省 通知>> 

腰痛・肩こりといっても、重篤な内臓疾患が原因疾患として隠れている場合もあり、まず、 医師の診察を受診することをお勧めします。

Q.健康補助食品・サプリメントは必要なの?
A.
コンドロイチン硫酸、グルコサミン、サメ軟骨、キチンキトサンなど・・これらは健康商品 にあたるもので、医薬品ではありません。ですから医薬品のような有効性がはっきりとは認 められていないものが多いとされています。高額なものもあるようですが、確実な効果をう たっている広告はありません。
Q.指の変形はリウマチ?
A.
指の痛みや変形でリウマチを心配される患者さんが多くいらっしゃいます。原因はリウマチ 以外にも年齢からくる変形、リウマチ以外の自己免疫疾患に伴う関節炎などいろいろな場合 があります。これらを詳しく調べるため当院では血液検査やレントゲン検査などを行ってい ます。