田中整形外科

  • HOME
  • 当院のご案内
  • 診療の流れ
  • 診療内容
  • 採用情報
  • 慢性疼痛

予約状況ページ予約状況ページ

 
午前
午後
診療時間初診の方は受付締め切りが早くなります。午前は11:45 午後は18:45までに受付をおすませください。
午前 9:00〜12:00
[受付]8:30〜12:00
午後 16:00〜19:00
[受付]15:30〜19:00
午前 診療時間 9:00〜12:00
受付時間 8:30〜12:00
午後 診療時間 16:00〜19:00
受付時間 15:30〜19:00
※初診の方は受付締め切りが早くなります。午前は11:45、午後は18:45までに受付をおすませください。

HOME > よくある質問 > 痛いときには冷やすべきなのか?温めるべきなのか?( 冷シップ?温シップ?)

痛いときには冷やすべきなのか?温めるべきなのか?( 冷シップ?温シップ?)2014.3.18
原則的には急性期の痛みの場合には冷やし、慢性的な痛みに対しては温める方が良い場合が 多いです。その他、冷・温を交互に施す交代浴という方法もあります。冷シップと温シップ の適応も判らないとおっしゃる患者さんも多く見うけられます。基本的にシップ剤と呼ばれ るものは含有している薬剤成分が皮膚から浸透して効果を出すものです。貼ったときに冷感 ・温感を自覚しますが、実際に患部を保冷材で冷やしたり、カイロやお湯で暖めるほうが効 果的な場合も多いでしょう。不安な場合は遠慮なくお尋ねください。

新着情報一覧ページに戻る