田中整形外科

  • HOME
  • 当院のご案内
  • 診療の流れ
  • 診療内容
  • 採用情報
  • 慢性疼痛

予約状況ページ予約状況ページ

 
午前
午後
診療時間初診の方は受付締め切りが早くなります。午前は11:45 午後は18:45までに受付をおすませください。
午前 9:00〜12:00
[受付]8:30〜12:00
午後 16:00〜19:00
[受付]15:30〜19:00
午前 診療時間 9:00〜12:00
受付時間 8:30〜12:00
午後 診療時間 16:00〜19:00
受付時間 15:30〜19:00
※初診の方は受付締め切りが早くなります。午前は11:45、午後は18:45までに受付をおすませください。

HOME > よくある質問 > 関節の水を抜くと癖になる?

関節の水を抜くと癖になる?2014.3.18

「水を抜いたら癖になって何度でも抜かなければならなくなるのでは?」と心配される方は多いですが、間違いです。水が溜まるのは、風邪をひいた時に鼻水がでるのと同じような現象です。関節内の炎症が強いとき反応性に滲出液(関節液)が溜まるのです。鼻をかんで鼻水をだしても癖になることはありませんね。また、鼻水を出しても風邪が治るわけではありません。風邪が治れば鼻水も出なくなるのと同じで、水が溜まっている部分の炎症を治すことが重要で、炎症が治まれば自然に水は溜まらなくなります。
ではどんな時に水を抜くのでしょうか。
1.水がたまり過ぎて、痛みが強く、深く曲げることが困難になった場合
2. 貯まっている液体が水(浸出液)か、血液か、膿(感染症)か、などを見分けるため
3.軟骨保護剤(ヒアルロン酸)などを関節内注射するとき、薬剤の効果を高めるため。

炎症を治すための治療方法は、患者さんによって違います。当院では患者さんにあった適切な治療を行いますのでご相談ください。

新着情報一覧ページに戻る