田中整形外科

  • HOME
  • 当院のご案内
  • 診療の流れ
  • 診療内容
  • 採用情報
  • 慢性疼痛

予約状況ページ予約状況ページ

 
午前
午後
診療時間初診の方は受付締め切りが早くなります。午前は11:45 午後は18:45までに受付をおすませください。
午前 9:00〜12:00
[受付]8:30〜12:00
午後 16:00〜19:00
[受付]15:30〜19:00
午前 診療時間 9:00〜12:00
受付時間 8:30〜12:00
午後 診療時間 16:00〜19:00
受付時間 15:30〜19:00
※初診の方は受付締め切りが早くなります。午前は11:45、午後は18:45までに受付をおすませください。

HOME > 痛みと向き合うブログ > 遺伝

遺伝

遺伝2018.9.4

椎間板(腰・頚椎)の病態の背景には遺伝的な要素があると言われています。

レントゲン・MRIを撮ってみると  年齢の割に腰椎や頚椎の椎間板の変形・変性が強い患者さんに「あなたは昔から腰が痛くなることが多いのではないですか?」と尋ねても「別に…腰痛くらいなら年中ありますよ…」と言われちゃいます。

実は、その患者さんの親も兄弟も常に腰痛があり「腰が痛いくらい当たり前」という家庭環境で育ったせい(おかげ)で、いちいち腰痛を苦痛として認識していないわけです。

逆に、椎間板が弱くない患者さんは、少しでも腰が痛くなったら悲壮な面持ちで来院されます。

痛みに対する認識というものは、その人の環境にも左右されるものです。

痛みのブログ一覧ページに戻る