お問い合わせ

☎︎078-917-6000

【あなたの痛みはどんな痛み?】

「痛み」ってどんな種類があるのでしょうか?
そもそも日本語には「痛い」という表現しかなく、なかなか種類まで説明することが難しいです。
英語の授業で「痛み」をどう習いましたか?
痛み=painと学校では習ったかと思います。
しかし、頭痛とか腹痛はhead acheやstomach acheと習います。
acheは長く続くような痛みなどというニュアンスがありますが、ここは英語のブログではないので割愛しますね(^^;

お伝えしたかったことは、日本語には「痛い」という一つの言葉しかなく、相手に伝わりにくいということです(おなかが痛いときと擦り傷の痛みは種類が違いますよね??)

ここで…過去にご家族様や医療者に「痛い」と伝えても、あまりよくわかってもらえなかったりといった経験はありませんか?
ここに注目しないと医療者と患者様で「痛い」という言葉の中身に食い違いが起きてしまって適切な医療が提供できない場合があります。

そこで私たちが患者様の「痛い」をより細かく知るため評価用紙があります。この評価用紙はオノマトペ(ズキズキ、キリキリなど)や○○の様な痛みという言葉を使った22個の痛みの項目にそれぞれ痛みの強さの段階をつけていただく評価になります。

22個というと一見すごい量に見えるのですが…5分かからずにできて私たち医療者が患者様の「痛み」をしっかり分類するのに必要な評価の一つになりますのでご協力いただければ幸いです。