アサイド アーカイブ

 

 

今回は 慢性的 に 痛み が 治らない 状態、

 慢性痛

についてお話ししたいと思います。

 


さて、

痛みには2種類あることをご存知ですか? 

急性痛 と 慢性痛 です

 

今回のお話は 

慢性痛 で困っている人 って かなり 沢山 いるのに 慢性痛 の 診断 や 治療 って なかなか難しい  というお話です。

 


 

まず、急性痛 というのは・・・

ケガ  や 病気 が原因で 一時的に生じる痛み のことですが、それなりに時期が来れば治ってしまう痛み なので、それほど問題にはならない場合が多いです。

 


 

で、 もう一つの  慢性痛  は、

急性痛の治療をした後も 3か月以上~6か月以上も痛みが続いてしまう、というもので、

ケガ  や 病気 のときに, 普通ならこれくらいで痛みが治るはず・・という期間を超えても なかなか治らない痛み 

という意味です。

 


 

実際、慢性的に痛みが治らないことで 悩んでいる人って意外と多いんです。

例えば、

ひざ の慢性的な痛み で悩んでいる人は 800万人以上いて、

の慢性的な痛み で悩んでいる人は 1000万人以上いる

と言われています。

 

慢性痛のせいで 日常生活に 支障を来すことになって、働けなくなったりして 生活ができなくなっていく人も 大勢いて

日本における 慢性痛による経済損失は 2兆円くらい とも言われているんです。

中には うつ状態になっていく人や、結果的に 自ら命を断つ人だっているんです。

アメリカでは 自殺者のうち 10人 に 1人 は 慢性的な痛み が原因 とも言われています。

 


 

しかも その 慢性痛原因って 多種多様だったり、はっきりしないことが多くて、

我々 医師にとって 治すことが難しい 病気なわけです。


 

さて 

慢性痛の原因 なんですけれど、 

だいたい3つに分類することができます。

 


 

慢性痛の原因 その①

もともとの 病気 や 怪我 

が治っていないので 炎症が続いている

 

例えば 癌 や リウマチ など の病気なら、治療がうまくいかない理由なんかで、急性の痛みが次々と起こり続けているので、痛みが ずっと 続きます。

 


 

慢性痛の原因 その②

長引く痛みのせいで 筋緊張 や 筋力低下 などが起こって 

カラダの 姿勢 や バランス が悪くなってしまうことで 

トラブル が 悪循環 になっている

 

このパターンが 意外と多くて、医師 や 理学療法士による評価 をしてもらって ストレッチ などの リハビリ をしっかりしていかないと なかなか 治らない痛みです。

 


 

慢性痛の原因 その③

痛みを感じる神経のシステム が 「過敏モード」 になっている

 

この 神経の 過敏モード を はっきりと診断する っていうのが なかなか難しいもの なんです。

いろいろな 原因で 神経の 伝達システム が 障害 されてしまって、痛みを 感じる 脊髄〜脳 の センサー としての役割 が 過剰に 敏感 に なってしまっているんです ・・・・

その人の 痛みを 感じる センサーが 敏感モード に なっているかどうか? って いうのは レントゲン や CT  MRI などの 検査 なんかでは はっきりと 特定できないんです。

だから 病院では いわゆる 「原因不明の痛み」になってしまう ことも多いんです。

みなさんも 病院で 検査してもらって、他に 痛みの 原因らしきもの が 無いと 言われた場合は この 過敏モード になっている 可能性 が あります。


 

  詳しくは 別の機会に 説明しますね